【里帰りしない出産】二人育児、保育園なしでしんどいのは人手不足!乗り越えるためにわたしがやったこと




先月、出産し新生児と3歳を子育て中のきぬです。

長女、次女ともに里帰りしない出産をしました。

長女は3歳になったばかりで保育園には行かずに家で見ていたので余裕がなくイライラする事もありました。

一人でも余裕が持てないのに生まれてからどうなるのだろうと娘の寝顔を見ながらすごく不安になり夫に泣きついたこともあります。

生まれてもう少しで1ヶ月経つので

きぬ
わたしが里帰りなし出産をのりこえるためにしたことを紹介します

里帰りなしがなぜしんどいのか??

とにかく人手が足りない

実家に里帰りすると、父母だけではなく家庭によっては祖母、祖父など赤ちゃんを見てくれる人がいると思うんですが

頼れるのはわたしと夫だけ!!

極端な話、夫が倒れたらわたしがすべての家事・育児をすることになりますし

夫が仕事に行くと育児はわたしが一人でしないといけない、話す人も家にいない、寝不足で寝たくても気軽に寝れない

夫が帰ってきても「仕事がんばってるし・・・」と謎の遠慮をしてしまってイライラなんてことも

一人目のときは、育児が初めてで夫がいない間一人でこの子を見なきゃと思うと怖くて怖くて

乳児湿疹が一生続いたらどうしようと泣いた思い出があります。

二人目の今は、育児に関しては余裕を持って取り組めますが上の子がいるので下の子が泣いているときに上の子が「〇〇して~」と言ってくるのでキャパオーバーになることも多々あります

  • 育児している間に家事をしてくれる人がいない
  • 寝ている間に見てくれる人がいない
  • 二人の子どもを同時に見なきゃいけない

仕事で8時間は絶対いなくなる夫しか頼れないというのがしんどいんです。

なので、1ヶ月休んだほうがいいと言われますが車の運転や買い物以外の家でできることは動いています💦

里帰りしない出産を乗り越えるために準備したこと

きぬ
人手をどうやってカバーするかといいますと

ヘルパーへの登録

市の職員さんから聞いて市の産前・産後ヘルパー事業への登録をしました。

1回500円で2時間以内のサポートをしてくださるんですがここへの登録をしました

冷蔵庫にあるものでぱぱっと作ってくれて、話も聞いてくださるので本当に助かっています

私の住んでいる市ではこういった事業が参入してましたがない方はこちらのようなサポート事業を確認してみてください。

他人を家にあがらせるのが嫌だというお母さんは1週間に1度だけでもいいので頼ってみてください。

人手を家電でカバー

夫の親もわたしの親戚も手伝う気も面倒見る気もさらさらないので(笑)家電に頼りまくってます

  • マキタの掃除機

 

    人気のマキタはコードレスに加えてパック式を選んだのでぽいっと捨てるだけ!
    パックのお金はかかりますが掃除機を掃除する時間がないので必要経費です
  • パナソニックの乾燥機つき洗濯機

 

洗濯洗剤と柔軟剤が自動投入されるので、洗濯物を入れてぴっとボタン押すだけで洗濯から乾燥までしてくれます。

赤ちゃんいると吐き戻しや、うんち漏れなどがあるため洗濯物が増えるのでこれ買って正解でした!

ここにブラーバジェットを投入しようと企んでいます

床拭きロボット ブラーバジェット240 特典付 日テレポシュレ(日本テレビ 通販 ポシュレ)

とにかく長女がまだ上手に食べれないので毎回拭き掃除が大変なんです(泣)

産前から夫に家事をしてもらう

これが一番効果がありました。長女のときは、産前すべての家事をしていたので

必要なものがどこにあるのかが分からず毎回聞かれるのでしんどかったんです

今回は、産前から助けてもらい物の位置を覚えてもらいました。

2人目でなれていることもあってか格段に家事効率がよくなり、喧嘩が減っております。

(こう書くと夫が何もしてないみたいですが、何も言わないでも手伝ってくれるときもあります)

物を減らす

出産する前に引っ越しをしたので、そこで物を減らしました。

大きい2万くらいしたベッドとダイニングテーブルを処分したのは勇気がいりました!

ベビーグッズも必要最低限のものしか準備せず掃除しやすいように使いやすいようにしました

【収納アイデア】おむつの収納をかわいいベビーワゴンに。使っているベビー用品紹介

2019.08.06

夫に言葉で伝える

長女の里帰りしない出産の時はどうしても

「〇〇してるから〇〇お願いできる?」って言葉が言えなかったんです

あなただって親なんだから考えて動いてよ!!!なんでわたしが支持しなきゃなのって思ってました。

察して動いてと思うのはいいですが、動いてくれてるのにそれが的はずれだと勝手にイライラして・・・

すごく悪循環になってしまうんです。自分勝手で本当に申し訳なかったです。

だから、してほしいときは言う!人の気持ちは察せないのが普通と考えてほしいです。

生協などの配達してくれる事業を活用

産後1ヶ月はほとんど外出できないので生協をフル活用です。

長女の時はヨシケイを頼んだこともありました。

【コーポ・生協】おすすめ商品7選。小さな子どもがいる家庭にはメリットがある!!

2019.08.16

 

まとめ

  1. ヘルパー事業などを調べる
  2. 家電のリサーチなどをする
  3. 産前夫と協力しながら家事をする
  4. 物をとことん減らす
  5. 夫に言葉で伝える

この6つのことでわたしの育児はなんとか成り立っています。

産後は、掃除ができてなくて新生児は清潔にしないといけないのにとイライラしてしまって無理して動く

なんてことがないようにヘルパー事業や家電に頼りながらゆっくりおだやかに過ごしてほしいと思います。

きぬ
里帰り出産でしんどい思いをしないで過ごせますように、わたしきぬは応援しています




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です